碧旻翔鶴 (へきびんしょうかく)

碧旻翔鶴~碧い空を翔ける岩商の白鶴たちへ~

碧旻翔鶴 横から目線の勇気づけ 「課題を分離する」

人との距離が近いと 「過干渉」「押しつけ」「世話焼き」から
「わかってくれて当然」「相手の期待値」 を高めてしまったり
だからといって今度は離れすぎると「回避」「服従」「遠慮」が

近づきすぎず、遠ざけすぎない、押し付けず、遠慮しない

そして
  背負わない、気にかけない、土足で踏み込まない
  踏み込まれたら「NO」といっていい

それは誰の解決すべき問題か?
「課題を分離する」


適切な距離感とは?どのような考え方で接し、どのような言葉で伝え合ったらいいのだろう?
 「勇気づけ」とは?
●「え、そんなのやめなよ、こっちのやり方がいいよ!」「こうしておけばいいんだ」
な~んて言われてしまった時の返事

A「勝手なことを言わないでください!」「余計なお世話です!」
これは「目には目を歯には歯を」やられたからと言ってやり返しては適切な距離感には感じられませんね
今度は自分が相手の課題に土足で踏み込むことになる

B「心配してくれてありがとう。そうですね、そのやり方もいいですね。でもまずはこの方法でやってみたいと思っています」

「課題の分離」と考えを巡らしながら「ノー」を上手に伝えたい


背負わない、気にかけない、土足で踏み込まない
声をかけられたからこそ、考えるきっかけをもらえていて
その経験から、自分自身がどう伝えたいかを知りたくなり、知識が自分の習慣になる

碧旻翔鶴 トリビア チャンスの神様

正月明け、こんな番組が放送されていました
街頭インタビューで
「滝に打たれる修行ってどう思います?」「ハワイでイルカと泳ぎたいですか?」
マイクを向けられると、多くの人が「いいですね~やりたいです」と楽しそう
「今から行きませんか?」「!?」なぜか、決断ができない理由を並べ始めました
中には「え?そっちのほうが大事なの?」他人からすると、言い訳にさえ聞こえたりも
「やりたい」と口にしたものの、本当にやりたいわけではなかったのでしょうね
もちろん、後には出来ない用事も、どうにもならないこともありましょうが
「はい!行きます」 と決断できた人は目の前の用事にけりをつけ
その場から準備開始。ハワイではスイートルームに泊まり、チャーターした船でイルカに会いに!
その思い出は、一生ものでしょう。素敵な表情をされていました


「チャンスの神様には前髪しかない」と聞いたことがあるのを思い出しました
「チャンス(ローマ神話のフォルトゥーナという幸運の女神)に前髪はあるが
 後頭部に髪の毛はない。もし前髪をつかんだら、彼女(チャンス)をつかまえることができるが
 もし逃がしてしまったら、ユーピテル(ローマ神話に出てくる神)ですら二度と彼女をつかまえることはできない」

チャンスが前から向かってきたときに無我夢中でつかまえないと、通り過ぎた後に気づいて
後ろから手を伸ばしてつかまえようとしても、もう誰にもつかまえることができない

さあ、あなたはどうできる!?

決断力というよりは、自分のビジョンなのかもしれないな、なんて思いました
日頃から、自分の夢ややりたいことを、手帳に書いたり人に伝えたり、言葉にしてみる
いつでも行動できるように、どう選ぶのかを決めておく
覚悟ができた心のもとに、今想像できる延長線上からも外れた
大きな思いがけないことが舞い降りてくるのかも知れませんね

不意打ちに、どう反応しちゃおうか?

碧旻翔鶴 トリビア 横から目線の勇気づけ 「相互信頼」

「あなたを信じています」 とひとことで言っても
「信用」ってなんだろう? 「信頼」ってなんだろう? その違いはなんだろう?


「信用」
というのは、確かなものと信じて受け入れること
「信用を得る」「信用を失う」「相手の言葉を信用する」
何かしらの担保や地位、実績など、過去の評価に裏づけを取るもので
お金を貸す、借りるなどをイメージするとわかりやすいでしょうか?つまり「信用」とは条件付きなんですね

対し「信頼」
というのは信じて頼ること、頼りになると信じること
「この人に任せておけば大丈夫だろう」可能性をみる、未来の行動を信じ頼ること
目には見えないものを信じる、可能性を信じること

無条件に人を信頼する。その根拠のようなものをどこに持つ?
言うほど簡単ではなくても、意識をすることで向き合ってみる

人は、自分の話を聞いてもらえると嬉しくなって、その相手に好意を感じるそうですよ
たとえ自分が正しい意見と自信があっても
「〇〇は間違っている」と頭ごなしに言ったのでは相手の耳には栓が
先に相手の好ましいところや自分にないものに目をむけ、尊敬、信頼できる面を具体的にする
相手をどう思うのかなんて主観だもの
老若男女に関わらず、人としての尊厳は平等

こんな言葉があります。 人は、正しいところよりも楽しい場所に集まる」
自分がどう思い、相手にとって価値のある何かを、どう適切に提供できるか
なにを与えることの出来る人間であるか、が先なのかなあ
相手をキャッチする力、事実をチェックする力、適切に判断できる基準を持つ

「相互尊敬」「相互信頼」ここに存在する価値はこれだと感じるには?
どんな信頼関係が築けたらいいだろう?

碧旻翔鶴  「アクティブリスニング」

前回まで、話を聴くときの落とし穴をお伝えしました
じゃあ、悩みを打ち明けられた時、どんな風に聴いてあげたらいい?
解決するにはどうしたらいいの?
ちょっとしたヒントを見つけましたので、共有したいと思います

「アクティブリスニング」(能動的な聴き方)をするには
①くりかえす
 ただ繰り返すのではなく、相手の鏡になる
②話をまとめる
 相手が問題を整理できるようにするのが目的

この①②は、樹木の枝葉をそぎ落とし、幹だけ残すイメージで
問題の根幹を浮かび上がらせる・・・・・・のだそうです

③相手の気持ちを汲む
「心を汲む」を意識する
言葉の裏にある、相手の本心をくみ取ろうという気持ちをもって向き合う

話を聴くときに「私の時間を、少しあげる」
そんな風に心の準備をするといいと聞いたことがあります
誰にとっても大切な時間
「聴いてもらえた」「わかってもらえた」
と、安心してもらえたら嬉しいですね

次回は「パッシブリスニング」(受動的な聴き方)についてお伝えします

碧旻翔鶴  「話を聞くときのの6つの落とし穴」2

前回、話を聞く時の落とし穴、6つのうち3つをご紹介しました。

今回は残りの3つをご紹介しますね


さて
自信をなくしたと悩んでいるAちゃんの話、あなたの対応は?

TYPE4 冷静な学者タイプ
つい分析、診断をしてしまうこのタイプ
「思うような成績が上がらないからだよね」「自分の能力に不安があるんだろう」
などと、聞き手の主観で勝手に決めつけてしまうのがこのタイプ。
相手の情報をしっかりと聞く前に分析してしまうと正しく物事を見られなくなります

TYPE5 うるさい説教タイプ
「仕事はそんなに甘いものじゃない」「仕事があるだけいいと思うべきだ」
などと、いきなりお説教をしてしまうタイプ
相手は傷つけられまいと心を閉ざしてしまいコミュニケーションが発展せず
自信を失わせるか、反発させてしまうことになるそうです

TYPE6 ノーテンキなごまかしスタイプ
「君が辞めるなら私も辞めてしまおう!」「まあ、楽しいことをしたら気が晴れるよ」
などと、ごまかしたり論点をそらすこのタイプ。
どうせこの人は聴いてくれないとあきらめの感情をいだかせてしまうそうです


「あー、失敗例ばかりをやってきてしまった。」
では、どんな風に聞いたらいいのかを次回よりお伝えしますね