地場産業に学ぶ

地場産業に学ぶ

地場産業に学ぶ2019

 

 3年課題研究「地場産業に学ぶ」の受講生徒7名が、伴戸商店(ばんどしょうてん)を訪問しました。伴戸商店では、人形の着物に使用される金らん織物の説明を受けました。伴戸商店の皆様、お忙しい中、丁寧に説明していただき、ありがとうございました。

 

地場産業に学ぶ2019

 3年課題研究「地場産業に学ぶ」の受講生徒7名が、大生人形(たいせいにんぎょう)を訪問しました。大生人形では、人形の頭(かしら)づくりの見学、伝統工芸師 大豆生田(おおまみうだ)様から岩槻の人形文化の歴史などの説明を受けました。生徒は、見学を通じて岩槻の人形文化に触れることができました。大生人形の皆様、本日はありがとうございました。

 

地場産業に学ぶ2019(木目込制作人形)その7

 先週に引き続き、岩槻の伝統工芸品の木目込人形制作実習を行いました。今回は、お内裏様の胴体に金襴(きんらん)の生地を木目込みや胴体に顔をつける工程などを行いました。1年間かけて行いました岩槻の伝統工芸品の木目込人形を完成させることができました。福田 東久先生ならびに人形の東久のみなさま、お忙しい中、ご指導いただきまして、誠にありがとうございました。

 

地場産業に学ぶ2019(木目込制作人形)その6

 前回に引き続き、伝統工芸師 福田 東久先生を講師に招き、岩槻の伝統工芸品の木目込人形制作実習を行いました。今回は、お内裏様の胴体に金襴の生地を木目込みました。金襴は、ちりめんよりも生地が厚いため、木目込むのに苦慮していた生徒もいました。東久先生、お忙しい中、ご指導いただきまして、誠にありがとうございました。

地場産業に学ぶ2019(木目込制作人形)その5

 伝統工芸師 福田 東久先生を講師に招き、岩槻の伝統工芸品の木目込人形制作実習を行いました。4か月ぶりの実習ではありましたが、生徒は講師の指導の下、着々とお雛様の胴体にちりめんの生地を木目込みました。東久先生、お忙しい中、ご指導いただきまして、誠にありがとうございました。

 

 

地場産業に学ぶ2019(組紐づくり)その4

 3年課題研究「地場産業に学ぶ」の受講生徒7名が横塚紐工芸を訪問しました。講師の指導を受けながら、双び角八ツ組(ならびかくやつぐみ)の組み方やあげまき結びとあわじ結びの結び方を体験しました。笹波組で制作した組紐はストラップにして、10月26日(土)の文化祭(一般公開)で紹介します。最後に、横塚紐工芸様、お忙しい中、ご指導いただきまして、誠にありがとうございました。

 

 

地場産業に学ぶ2019(組紐づくり)その3

 3年課題研究「地場産業に学ぶ」の受講生徒7名が横塚紐工芸を訪問しました。講師の指導を受けながら、前回に引き続き笹波組の制作を体験しました。前回苦戦した笹波組にも徐々になれてきて、デザインもきれいな組紐ができあがりました。生徒の適応力の高さに関心させられました。

 

 

地場産業に学ぶ2019(組紐づくり)その2

 3年課題研究「地場産業に学ぶ」の受講生徒7名が横塚紐工芸を訪問しました。講師の指導を受けながら、笹波組の制作を体験しました。前回の丸源氏組はシンプルな組み方なので、生徒は手際良く組み上げることができました。今回の笹波組は丸源氏組より複雑な組み方なので、生徒は組んでは糸をほどくなど、何度もやり直しました。改めて、伝統工芸の奥深さを体験させていただきました。

 

 

地場産業に学ぶ2019(組紐づくり)その1

 3年課題研究「地場産業に学ぶ」の受講生徒8名が横塚紐工芸を訪問しました。講師の指導を受けながら、丸台を使用して色の違う糸を交互に組み込む丸源氏組の制作を体験しました。生徒は、初めてながらも手際良く組み上げていました。

 

高大連携事業2019 その2

 3年課題研究「地場産業に学ぶ」の履修生徒8名がものつくり大学を訪問し、ものつくり大学総合機械学科松本宏行教授から3D人形の制作指導を受けました。生徒は、松本ゼミの協力により立体化された3D人形のクオリティの高さに大変感動していました。また、自分のデザイン画を3D人形化していただいた松本ゼミの方々に大変感謝しておりました。

 今回の訪問では、松本教授から3D人形の着色指導を受けました。人形を綺麗に仕上げるためには、何回も重ね塗りをした方が良いなどのご助言を受け、伝統工芸のものつくりに通じるものを感じました。今回の作品は、10月末の文化祭で発表を予定しております。最後に、松本教授ならびに松本ゼミの方々、お忙しい中、ご指導いただきまして誠にありがとうございました。

地場産業に学ぶ2019 その4

 3年課題研究「地場産業に学ぶ」の履修生徒8名が、先週に引き続き人形の東久にて木目込人形の制作を行いました。講師の指導を受けながら、お内裏様の胴体を中心に生地を木目込みました。
   

 

高大連携事業2019 その1

 ものつくり大学 総合機械学科 松本 宏行教授を講師に招き、『コンピュータを活用したものづくり』に関する講義を受けました。高大連携事業では、本校が人形のデザインを担当し、ものつくり大学が作品化したオリジナル人形の制作に取り組んでいます。今回の講義では、生徒がデザインした図案について松本先生や松本ゼミの方から具体的なアドバイスをいただきました。8月にはものつくり大学を訪問し、大学生とともにオリジナル人形の制作を予定しています。松本先生、お忙しい中、講義をしていただきまして、誠にありがとうございました。
  

地場産業に学ぶ2019 その3

 3年課題研究「地場産業に学ぶ」の履修生徒8名が、人形の東久にて木目込人形の制作を行いました。講師の指導を受けながら、お雛様の胴体にちりめんの生地を木目込みました。細かい作業が多かったのですが、生徒は器用に生地を人形の筋に木目込んでいました。
   

地場産業に学ぶ2019 その2

3年課題研究「地場産業に学ぶ」の履修生徒8名がお人形歴史館東久を見学しました。
お人形歴史館東久館長の福田東久先生から、人形の歴史に関連する話などを伺いました。
また、東久先生から木目込人形や岩槻人形などの実物を見せていただきました。
  

地場産業に学ぶ2019 その1

3年課題研究「地場産業に学ぶ」の履修生徒7名が人形の東久に訪問しました。
お人形歴史館東久館長の福田東久様から、人形のまち岩槻の歴史や雛人形に関連する話などを伺いました。

 

地場産業に学ぶ 人形づくり その8

3年課題研究「地場産業に学ぶ」の受講生徒が、人形の東久館長の紹介で伴戸商店埼玉岩槻支店と有限会社大生人形を訪問しました。伴戸商店では、人形衣装に使用される織物を見学しました。また、大生人形では、人形の頭づくりの説明を受けました。生徒は、体験学習を通じて岩槻区内の地場産業について理解を深めることができました。ご指導いただきました先生方、ありがとうございました。

 

地場産業に学ぶ 人形づくりその7

3年課題研究「地場産業に学ぶ」の受講生徒が人形の東久を訪問し、埼玉県の民芸品である岩槻人形制作を体験しました。講師の指導を受けながら、生地の木目込みや胴体に首や手を取り付ける実習を行いました。


地場産業に学ぶ 人形づくりその6

3年課題研究「地場産業に学ぶ」の受講生徒が人形の東久を訪問しました。講師の指導を受けながら、木目込み体験を行いました。先週に引き続きの訪問であることから、生徒も木目込むコツをつかみ、色鮮やかな衣装の人形になってきました。


地場産業に学ぶ 人形づくりその5

3年課題研究「地場産業に学ぶ」の受講生徒が人形の東久を訪問し、埼玉県の民芸品である岩槻人形制作を体験しました。4か月ぶりの体験のため、生徒は厚手の生地を人形に木目込むことに苦労していました。改めて伝統工芸の奥深さを体感した実習となりました。


地場産業に学ぶ 組紐づくりその4

 3年課題研究「地場産業に学ぶ」の受講生徒が横塚紐工芸を訪問しました。講師の指導を受けながら、組紐制作を体験しました。

 笹波組や平源氏組を行い、1本の組紐を完成させることができました。また、引率教員も生徒の手ほどきを受けながら組紐づくりに挑戦しました。生徒は講師の先生から指導を的確に説明できたことに感心させられました。今回、制作した組紐は文化祭(一般公開)で紹介する予定です。

 横塚紐工芸様、お忙しい中、ご指導いただきまして、誠にありがとうございました。

地場産業に学ぶ 組紐づくりその3

 3年課題研究「地場産業に学ぶ」の受講生徒が横塚紐工芸を訪問しました。講師の指導を受けながら、前回に引き続き笹波組の制作を体験しました。

 前回苦戦した笹波組も徐々になれてきて、デザインもきれいな組紐ができました。生徒の適応力の高さに関心させられました。


地場産業に学ぶ 組紐づくりその2

 3年課題研究「地場産業に学ぶ」の受講生徒が横塚紐工芸を訪問しました。講師の指導を受けながら、丸源氏組や笹波組の制作を体験しました。

 丸源氏組はシンプルな組み方であるため、手際良く組み込むことができました。少し、複雑な組み方の笹波組は、組んでは糸をほどくなど、何度もやり直しました。改めて、伝統工芸の奥深さを体験させていただきました。

高大連携事業 その2

 ものつくり大学 総合機械学科教授 松本 宏行先生とものつくり大学の学生に来校していただきました。生徒がデザインした図案を3Dプリンタで製品化したものを持参していだだき、その完成度の高さに驚かされました。そして、生徒ごとに制作した大学生から着色の指導を受けました。今回の製品は文化祭で紹介する予定です。松本先生ならびにものつくり大学の学生の皆様方、お忙しい中、ご指導いただきまして、誠にありがとうございました。





地場産業に学ぶ 組紐づくりその1

 3年課題研究「地場産業に学ぶ」の受講生徒が横塚紐工芸を訪問しました。講師の指導を受けながら、丸台を使用して色の違う糸を交互に組み込む丸源氏組の制作を体験しました。

生徒は、初めての制作ながら綺麗な模様の組紐を制作していました。


埼玉県高等学校生徒商業研究発表大会

 3年課題研究「地場産業に学ぶ」の受講生徒が、埼玉県高等学校生徒商業研究発表大会に参加しました。1学期に体験した木目込人形作り実習をもとに、岩槻の伝統工芸である岩槻人形に関連した発表を行い、優良賞を受賞しました。

地場産業に学ぶ 人形づくりその4

3年課題研究「地場産業に学ぶ」の受講生徒が人形の東久を訪問しました。講師の指導を受けながら、埼玉県の民芸品である岩槻人形制作を体験しました。今回は人形の一部に生地を木目込む作業を行いました。


高大連携事業

ものつくり大学 総合機械学科教授 松本 宏行先生に来校していただき、3Dプリンタを使った人形作りに関する講義をしていただきました。講義では、本校の先輩方と協力して制作した作品なども紹介していただきました。また、生徒がデッサンした図案について具体的なアドバイスをいただきました。8月にはものつくり大学で制作予定です。松本先生、お忙しい中、講義をしていただきまして、ありがとうございました。

地場産業に学ぶ 人形づくりその3

3年課題研究「地場産業に学ぶ」の受講生徒が人形の東久を訪問しました。今回は筆を使って頭部に顔や髪の毛を書く体験をしました。髪の毛をきれいに表現するには、筆で何本も細い直線を描かなければならないので、職人芸の難しさを実感しました。