碧旻翔鶴 トリビア

トリビア

碧旻翔鶴 折れない心を育もう⑨ラストシーンから

碧旻翔鶴 折れない心を育もう⑨ ラストシーンから

「ストーリーはラストシーンから」

9月ですね、今年もあと4カ月。1年の3分の2を過ぎました。
学年としては3分の2に入ったところですが、例えば
12月31日、どんな気持ちで過せていたら最幸だろう?
三学期の終業式、どんな気持ちになっていたら最幸だろう?
節目を一つの目安に、自分なりのいいイメージを描いてみる

「E.T」や「スターウォーズ」って映画をご存知ですか?
壮大な、非常に人気の高い作品ですが、監督のスティーブン・スピルバーグさん
「映画はラストシーンから作る」のだそうです。

終わりのイメージを明確にしてから、どうしてそうなったかって想像を膨らませ、創造していく
ストーリー、エピソード、何があったからこうなった。の、「こうなった」からはじまる

例えばケーキを作るなんていうのも同じだよね
どんなイチゴのケーキを食べたいか味のイメージ、デザインのイメージ
それを実現するために必要なものや段取りを考える
スポンジが膨らむにはどんなコツがいる?
材料の配分を無視したらおいしく作れない

しっかりとした家を作るのも同じ
どんな家で、どんな風に過しているというゴール
それにはどんな部屋があったらいいな、どんな動線だったらいいかな
家の設計図をしっかりと作ることが重要
そうそう、「三匹のこぶた」なんて絵本がありましたね


自分の人生というストーリー
こうなりたい、こうなったら嬉しい、こうなっていたら最高!!

それにはどんな今日を過したら叶うだろう?
どんなストーリーを描いていこうか?
こんな事にチャレンジして、何を乗り越え、何を達成していく物語?
どうなっていたら最高ですか?
 
しつもんするよ

ラストシーンはどうなってる?
どんなわくわくするストーリーにしよう?