碧旻翔鶴 トリビア

トリビア

碧旻翔鶴(へきびんしょうかく) 時間は平等


時間は平等

老いも若きも、男性も女性も、お金持ちもそうでない人にも
わけ隔てなく平等にあるものの一つに「時間」がある
1日は24時間、1時間は60分、1分は60秒
お金持ちだから、大人だから、何か大切な理由があるから
誰かだけ特別に1日が25時間になったり、1時間が70分になることはない


ただ、楽しくって時間がたつのを忘れた
つまらなくて長く感じた
間に合うように!と急いでいる時
早く終わってくれないかなあと思っている時
一緒に居たくて、時間よとまれ!と思った時
感じ方が変わる経験をしたことがある人はいるかも知れない
やりたいことをしている時、やるべきことをしている時でも違いがあるかしら?

自分の意識や事情、都合で、感じ方を変えることはできるのかも?しれませんね

どんな考え方や受け止め方で臨んだら、違いが出るかな?
優先順位はどのようにしてつけようか?

今日という1日、限りある24時間が終わった時に何を達成していたい?
その目的に向かって、この半日、1時間、30分をどう過ごそう?
どんな意識をもって過ごしたら
平等に与えられている時間を有効に使ったと感じられるだろう?

あなたは今この時、何を大切にして過ごしたいですか?