岩商Topcis2019

2019 岩槻まつり

 8月18日(日)に、生徒会本部役員と3年課題研究「地場産業に学ぶ」の履修生徒が、『2019岩槻まつり』に参加しました。
 人形仮装パレードでは、三人官女や随人、五人囃子の衣装をまといました。市街地のパレードでは、見物客からの声援に笑顔で応えていました。来年2月開館予定のさいたま市岩槻人形博物館前に設けられたジャンボ雛段での姿は、堂々としたものでした。
 黒奴では、地元のボランティアや本校の卒業生とともに、地元岩槻の歴史と伝統の重みを感じながらも、華麗な舞を踊っていました。