碧旻翔鶴 (へきびんしょうかく)

2016年11月の記事一覧

碧旻翔鶴 トリビア わかりやすく伝えたい 「もういいです!!」

「もういいです!!」は、「よくないです」を必死に伝えている状況
自分をわかって欲しいという気持ちで、拗ねている状態
悩みや苦しみって、 「自分の思い通りにならない」 という不満から生まれるもの

問題が起こったときに、発せられがちな言葉をいくつか見つけました
「~して欲しい」「~してくれないから」「あなたがこうだから」「もういいよ!」

本当はどうしたい?どうしてもらえたら嬉しい?目的はどこにある?
〇自分のいうことに従って欲しい、聞いてもらえたら満足だろうか?
〇何かに気付いて、主体的に行動してもらうにはどうしたらいい?


例えば、重い荷物を運ぶのを手伝って欲しい時
「これみてわかんないの!?気が利かないわね!誰も手伝ってくれないんだから!もういい!」

 「とても重くて一人では大変なので、手伝ってもらえたら嬉しいな」

「あなたが連絡をしてこないから、心配してみんなで無駄に待っちゃったじゃない!」

「連絡もらえると安心。どうするのか〇時に伝えてもらえると助かるよ」

「こんなことしちゃだめじゃないの!!どうしてくれるの??ちゃんといいなさいよ」

「自分ではどう思う?話してもらえると嬉しい。一緒に考えたいよ」



本当に言いたいことを、感情を乗せて伝えてしまいがちになる「YOUメッセージ」を
「私は」こう感じている、こうしてもらえると嬉しい、助かる、ありがたい
「I メッセージ」に変える

自分が伝えるだけでなく、誰かの言葉が引っかかった時に思い出してキャッチしてあげて
言葉の裏には必ず、肯定的な意図がある
自分こそが、本当の目的に気付くことから

相手がIメッセージで伝えてくれるようになるとしたら、どう表現できるなぁ?
本当はどんな気持ちを伝えたいのだろう?