碧旻翔鶴 (へきびんしょうかく)

2017年2月の記事一覧

碧旻翔鶴 トリビア 「横から目線の勇気づけ」

新シリーズは「横から目線の勇気づけ」 小さくでもお役に立てたら嬉しい。そんな気持ちでお送りします
「嫌われる勇気」って耳にしたことがありますか?今、とても人気のある書籍なのですが
2013年の発売以来、ビジネス書籍ランキングの上位をキープ。現在ドラマが放送されています
そんな要素をお借りし、人の関わりについて考える場になったら嬉しいなと思います

嫌われる勇気・・・・・そもそも 「勇気」ってなんでしょう?勇気があるとどんないいことがあるのでしょう?
人は、「勇気が十分にあると、さまざまな挑戦をし、建設的な努力をする」 のだそう
逆に、「勇気が欠乏すると、対人関係での失敗を避けるために服従や回避をしがちである」だそうです

考え方を学び、知識を得る。「インプット」 を、どんな体験、経験を通して経験値に変えていこう?
少しずつでもいいから、意識して行動「アウトプット」 する。失敗を恐れない心や環境って?
知っていることと出来ることは違うから、経験値を上げるのは恥をかく勇気、教えてもらおうとする姿勢
知識を自分のものにしていくこと「習慣」 意識しなくても出来るようになる

「無知の知」って聞いた事がありますか?「知らないことを知っている人」の方が賢いと考えた、ソクラテスの言葉です
「知らないのに知っていると思っている人」となって、学ぶ事も努力もやめ、経験だけでものを言い、視野狭く生きますか?
どんな視野を持って、自分自身を実現していこう?柔らかアタマのみなさんはどんな大人に成長したい?

私たちは職場や学校、地域や家庭など、社会という共同体の一部分ですね
自分の能力も、弱さをも認める。他人との違いを認め、居場所があり、互いに貢献、協力しようと満たしあう。
人を、自分を、上にも下にも置かない。与えあえる。そう思える場で生きている感覚を
共同体感覚と呼ぶのだそうです。仲間に関心を持ち、幸せになるための行動をする。
それには
 ・ほかの人を無条件に信頼する
 ・ほかの人のために役に立ってみる
 ・ありのままの自分を受け入れる    ですって

  誰かが始めなければならない。
 見返りが一切なくても、誰も認めてくれなくても。
 「あなたから」始めるのだ


さあ、「私から始める」覚悟と勇気。そこで質問です
あなたは今自分の置かれている場所、自分自身を、どんな風に感じていますか?