碧旻翔鶴 (へきびんしょうかく)

2018年4月の記事一覧

碧旻翔鶴 「主観と事実」

「主観と事実」

今日はものごとの認識について考えてみたいと思います

まず質問
「トラが、ドアの前に立っている」と、私が信じている のと
実際にトラがドアの前にいる のと、何の違いがあるだろう?


答えを聞くその前に、「主観」ってなんだと思う?
例えば今いる場所、  「ここは寒いです」「ここは暑いです」「快適です」
自分がどう感じているのか が主観。

では今いる場所の「事実」を相手に伝えたい!
事実・・・・・「100人聞いたら、100人が同じとらえ方をする」には?
「この部屋は今、25度です」数値に表すと事実が伝わる。 なるほどー。


さてさて
トラが、ドアの前に立っている」って私が信じている のと
実際にトラがドアの前にいる のと、何の違いがあるだろう?


トラがドアの向こうにいると信じ込んでいたら、、、
実際は可愛い子猫がいるのだとしても、怖くて外に出られなくなる
事実はどこに?それをどう認識するかで判断、行動が変わってくる


あなたのメガネは何色ですか?
 こちらでもご紹介しました

人は主観的に物事を見て意味づけをし、解釈をしている。それを理解する
意識して探してみたい 事実はどこにある?

主観が悪いのではありません。「そうなんだ、へえ~」って認識する
ひとつの知識として受け取り、意識することから始めませんか?