碧旻翔鶴 (へきびんしょうかく)

2018年8月の記事一覧

碧旻翔鶴 「主観」と「事実」

何か問題が起こっている、伝えたい事がある、状況の整理をしたいと悩んだ時に、役に立つ考え方があります。
例えばクラス、チーム、仲間で同じ目標に向かっているとか、何かを成し遂げようという時
特に、多かれ少なかれ人の感情が乗っている場合
「~のせいで」「~だったらよかったのに」「~して欲しかったのに」
話し合いをしても混乱するなんていうこともありますね
それは、悩んだり思い出してはいても、考えてないと言ってもいい状態で、注目する観点がずれている
さてそんな時、どのようにしたらいいだろう?


「主観」 と 「事実」 をわけてみる

「主観」って何?
自分のフィルターを通した考え。同じものごとでも人によって見え方が違う
私はこう思う。で表現される言葉と言うとわかりやすいでしょうか?もっと具体的にいうと
 「この部屋寒い」「あなたのせいで時間を無駄にした」「無視された」「怒られた」「お前のせいで試合に負けた」  わお↓

「事実」とは?
国や文化が違っていても、100人中100人が同じ事をいう

「部屋の温度は18度」「約束の時間から30分待った」「会話をしなかった」
「提出期限は〇時と確認した」「対戦相手との戦績は二勝五敗です」「選手がPKを失敗した」


ものごとの本質に目を向ける。事実から考察する。つまり、感情を手放して思考のスイッチに切り替える
不安だ、心配だ、~だったらどうしよう → 事実にフォーカスする
どのようにしたら上手くいくだろう? 目的はどこにある? 本当に伝えたいことは?

・少し寒いのでエアコンの温度設定を変えてもらえたら嬉しい
・待っている間どうしたのかととても心配だったので、連絡してもらえると安心できます
・お話が出来たら嬉しいです。ご都合はいかがですか?
・提出期限をうっかりして失礼しました。以後、気をつけます。
・二勝五敗の対戦相手に勝つためにどんな準備が出来るだろう?
・いざというときに活躍できる選手はどんな練習をしているだろう?今から出来ることはなんだろう?

主観と事実を分ける。そんな風に意識をすることから始めてみませんか?

碧旻翔鶴 人生の3つの坂

人生の3つの坂

「自分自身を説得できるかどうかが 成功の第一条件」孫正義


何かを成し遂げたい時、たった一人を味方につければいい。

ですって、誰だと思う?誰の顔が浮かびましたか?

実はその大切な一人とは・・・・・・・・・・・ 「自分」 ですって。



面白い話を見つけました

「人生には、3つの坂がある。 「くだり坂」  「のぼり坂」 

・・・日光いろは坂・・・じゃなくって    「まさか!!」 という坂」



人生には、不意に、「まさか!!」と思えるようなことがやってきます。
そんな時にこそ、人は成長する。
晴れの日には芽が育ち、雨の日には根が育つように「まさか!!」の時に成長する。


そんな時こそ、自分を味方につけて「やるな、やめろ」と言われても
「やめない、やめられない」自分自身で突き抜けろ
「努力」が「趣味」に変わる瞬間っていうのかな、心に芽生える何かがあるかも知れない

そう、頑張り続けるのではなく、やり続けたくなっている


自分自身を説得する一番の方法は、自分のハートに火をつけること
すなわち、自分を感動させること。感動的な自分に出会うこと




一番の理解者で、一番の味方
誰よりもまず、自分自身にエールを送ろう

そんな自分が誰かに送り出すエールって、最強だよ、きっと

碧旻翔鶴 4つの質問

気が付きそうでいて、聞けばなるほど
知識として知っていたら魔法のように使える4つの質問があります
それは、、、、、

「とは?」
「それで?」
「他には?」
「本当に?」

話を聞きながら、自分でも考え事をしながら4つの質問を返してみる
問いかけるだけで話が深まっていくかもしれない

「~とは?」 岩槻商業 とは どんな学校ですか?
「それで?」 どうなの?に続く言葉は何だろう?
「他には?」 視点を変えられる質問だね
「本当に?」 妥当かどうかを検証したり、思い込みから解放してくれるかも


考えが行き詰まったり、話し相手の迷いや悩み、上手に聞いてあげられるかもしれないね

碧旻翔鶴 翻訳能力 ~同じ意味ならどちらで伝える?

~だからダメなんだ! ~しないとダメ ~してはいけません
つい否定的な言葉で伝えてしまう・・・・・そんな悩みはありませんか?
脳は、言われた言葉を印象に強く残してしまうそうですよ!!
なので「行動してもらいたい」表現で伝えたほうがいいのだそうです

わすれないでください、これをやってはいけません、これができないと厳しいです
そんな言葉たちを「言ってもらえたから行動しやすくなる」表現に変換してみると、どうなるだろう?

~だといいかもね、~したらいいよ、~するとこうなるよ
これをやってみよう、こう出来たらいいね、こうしたら簡単だよ
これをやってみようね、思い出す機会が多いと覚えられるかもね


さらに、自ら行動出来るような願いを込めて翻訳すると

こうれができるとどうなるかな?
この方法はどうかな?
一度やってみない?
いい考えかもね、どうする?



今まで自分が使ってきた言葉を翻訳していく
本当は何を伝えたい、どんな表現に置き換えたら
自分にも、伝えたい誰かにも届くだろう?

どんなふうに仲間の背中を押せるだろうか?
どんなふうに背中を押されたい?

I(アイ)メッセージは、愛メッセージ

(アイ)メッセージは、愛メッセージ

「Iメッセージ」って聞いたことがありますか?・・・ない?

それでは、「YOU メッセージ」は聞いたことがありますか?
例えばね 「あなたはいつも勝手なんだから。」「あなたはいつも遅刻ばっかり。」
「あなたが連絡くれないから困ったじゃないの!」
なーーーーーーーーんて言われたら、言われたほうはたまらない。よね
「YOU あなた」を主語にして伝えると、責められたような伝わり方をする
以前にお伝えしたなんで?が潜在的に込められてしまう。そうです、尋問

本当は仲良くしたいのに。本当はこんなことが言いたいんじゃないのに
どうしたらいいの!?どうして伝わらないの??????経験ありますか?
どのようにしたら伝わるのだろう?
はい、私を主語に言葉を変えてみてください

①    「あなたはいつも勝手なんだから。」
    →「私はとても頼りにしてる。力になってくれたら嬉しいな」   
②  「あなたはいつも遅刻ばっかり。」
    →「私は会うのをすごく楽しみにしてたから、ちょっと寂しくなった。」
③ 「あなたが返事をくれないから困ったじゃないの!」
    →「大事なことを一緒に考えてもらえたら、私は助かる」

どうでしょう?

感情伝えない、感情伝える。
メッセージは、愛メッセージだよ

碧旻翔鶴  「ひとつのことば」


「ひとつのことば」 北原白秋

*******

ひとつのことばで けんかして
ひとつのことばで なかなおり

ひとつのことばで 頭が下がり
ひとつのことばで 心が痛む

ひとつのことばで 楽しく笑い
ひとつのことばで 泣かされる

ひとつのことばは それぞれに
ひとつの心を持っている

きれいなことばは きれいな心
やさしいことばは やさしい心

ひとつのことばを 大切に
ひとつのことばを 美しく

*******

あなたはこの詩に、何を感じますか?