碧旻翔鶴 トリビア

2017年2月の記事一覧

碧旻翔鶴 「ツイている」声に出して言ってみよう

私たちにとって一番難しい行動は「継続」だといいます

決意、決心、目標などを掲げて物事を始める難しさもあります
「やる」もしくは自ら決めた「やらない」を始める

途中、うまくいかない、うまくならない、失敗する
そんな自分に落ち込むこともあるかも知れませんね
自分ではいい考えが浮かんでこない
そんな中、納得のいく結果が出るまで続けるにはどうしたらいい?

人のことだったら「こういう考えもあるんじゃない?」って
アドバイスが浮かんでも、自分で考えると見えなくなってしまうもの
他人から見たら、問題解決の糸口が一目瞭然かもしれません

ピンチはチャンスなんて言いますが、「なんのチャンスか?」を考えてみる
「〇〇合格」よりも「〇〇不合格!?」という視点から見るといいそうですよ
なぜ不合格になる?何が不足?どうしたらいい?具体的な方法が思いつきやすくなるそう


どうするという方向が見えてきたら、こんな会話をする
「〇〇だったんですよ」
「あ~、それはツイていますね。〇〇できるチャンスですね」

ある方が、投資に失敗して1日で財産の9割を失ったそう
その時に仲間の言った言葉が「〇〇さんなら大丈夫!今まで以上に稼ぐチャンスだよ」だった
その一言で、本気のビジネスとして取り組みはじめ、1年で取り返すことができたそうです

自分の本気を引き出すという意味の「チャンス」
ツイてる、やれるという考え方をもち、何をする?具体的に考える機会をもらう
「ツイてる」と伝え合う仲間とともに継続する。気づけば夢中になって広がっていたら素敵

どんな言葉を使って、どんな仲間と、どんな今日という日を過しますか?