碧旻翔鶴 トリビア

2017年7月の記事一覧

碧旻翔鶴 賢人達からの質問 第二章「成功」③

碧旻翔鶴 賢人達からの質問 第二章「成功」③

3回目の今日のしつもん
「本当の成功とは誰から見た成功か?」


今日ご紹介するのは、作家で哲学者のジェームズ・アレンさん
彼ののこした言葉はこうです

「ゆるぎない確かな成功」
 とは、人からは勝利に見えなくても
 自分自身が喜びと充実感で満たされているものです。」



世の中には、成功したいと考えている人も少なくないでしょうが
「他人から成功していると思われたい」そんな第三者目線もあるかもしれません
けれども、本当の成功とは、他人から「すごい」といわれることではなく
人から成功しているとか、勝利者に見えなかったとしても
自分自身が喜びと充実感で満たされていることが成功ではないか?
そんな風に伝えているようですね

皆さんはどのように感じますか?

以前にお伝えした「うさぎと亀」のお話しとも通じるでしょうか?
本当のゴールはどこ?
人から称賛されるのが目的?人に勝つのが目的?
本当の目的はどこに?


しつもんしますね
「あなたにとっての成功とは何ですか?」
「なぜ成功したいのですか?」
「成功することで得られるものは何ですか?」


次回もお楽しみに

碧旻翔鶴 賢人達からの質問 第二章「成功」②

第二章「成功」②のしつもん

「うまくいっているのは誰のお陰だろう?」
 
人は称賛の言葉を浴びるほど「自分は他人より優れているのではないか」と思いがち
そうなってしまうと、誰かの協力や助けがあって達成できたことも見えなくなったり忘れてしまう
多かれ少なかれ、思い上がってしまった瞬間なり出来事を経験したことはあるでしょうか?
成功者と呼ばれる人の中には、スピーチを終えた後、拍手が終わるまで決して頭を上げない方もいらっしゃるそうです
今の自分があるのは、たくさんの人の助けがあったからだと知っているから

自分がうまくいっている時ほど、自分自身を等身大で見るよう意識しよう
「ありがとうございます」っていう言葉が心から出てくる自分でありますよう


今回は
「成功は
  自分一人の努力によるものだと
  主張することは
  浅はかで傲慢なことだ
  どんな優れた業績も
  多くの人々の手と心と頭に助けてもらって
  初めて可能になるのだから」
             ディズニー創業者:ウォルト・ディズニー


そんな名言からのしつもんです

「成功したことは何ですか?」
「成功のきっかけはなんでしたか?」
「誰に感謝したいですか?」


「うまくいっているのは誰のお陰だろう?」
どんなありがとうを感じますか?

碧旻翔鶴 賢人達からの質問 第二章「成功」①

賢人達からの質問 
今日からは第二章「成功」と題してお伝えしていきたいと思います
そのお一人目としてピーター・F・ドラッカーの言葉をご紹介します

「何によって覚えられたいか
 その問いかけが人生を変える。」

           経済学者・社会学者 ピーター・F・ドラッカー

「あなたは誰からどんな風に覚えられたいですか?」
この質問は、答えを探すことよりも、問いかけ続けることが大切
ドラッカーはそう伝えているようです
この質問に、すぐ答えることは難しいかもしれませんね

人にどう関わり、どんな印象が残って、どう覚えられたい?

そこで浮かぶ答えから、どんな価値や価値観が見えてくるだろう?
一つの観点として「利他」
利己・自利と、利他。この言葉の違い、わかりますか?
利己・自利・・・自分の利益だけを考え、他人のことは顧みないこと。
利他・・・ 他人に利益となるように図ること。自分のことよりも他人の幸福を願うこと

自分がどんな立ち位置でものごとを見るか、提供するか?
口から出てくる言葉もそうだし、態度、表情、行動すべてに現れるものかも
相手を変えようとするよりも先に、自分の視点や考え方を整理してみる
すぐに上手にできなかったとしても「一度考えてみる」ことを始める

成功ってどんなことを指して言うのでしょうね?
これからご紹介する賢人たちの言葉に、それぞれ何か感じてもらえたらと思います


しつもんしますね
「何をもって覚えられたいですか?」
「誰に覚えられたいですか?」
「あなたの人生で、忘れられない人は誰ですか?」


次回もお楽しみに

碧旻翔鶴 賢人達からの質問 第一章「生き方」⑧

碧旻翔鶴 賢人達からの質問 第一章「生き方」の最終回
8人目の今日はチャールズチャップリンの言葉からご紹介しますね

「人生は近くで見ると悲劇だが
 遠くから見れば喜劇である。」

映画俳優でコメディアンであった彼の言葉

人生を俯瞰(ふかん)してみる
茶碗の中の渦に巻き込まれてるかも?と感じたら、視点を挙げて
茶碗の淵から中をのぞいているようなイメージを持ってみる

人生には楽しいことばかりでなく、大変なこと、つらいこと、悲しいことも起こる
そうした瞬間だけをみていると、それは悲劇かもしれない
でも、時間がたってからその悲劇を振り返ったらどうだろう?
その渦中にいる時は、悲劇として受け止めてしまいます

でも、人はそうした状況を必ず乗り越えられるものだと信じてみませんか?
多くの人の「武勇伝」に耳を傾けてみよう
つらく悲しくとんでもない出来事も、武勇伝として語られ共感を得たり
誰かのヒントとして応援や支えになるかもしれない
誰よりも、経験値に変えて強くも、しなやかにもなった自分を
自分自身が頼もしく成長を感じ自信が持てるようになるかもしれない
いつか、笑い話も交えて、人に話せるようになるかもしれない
そう考えたら、どんな言葉に置き換えられますか?

どんなに悲しい思いをしたとしても、最後は笑える日が来ると知っておけば
人生はもっと生きやすいものと感じられるかもしれない


「あなたの悲劇は、どんな喜劇に代わるだろう?」
「今となっては笑い話になったこと、どんなエピソードがありますか?」
「人生最後の日、どんな風に過ごしたいですか?」

遠い将来をイメージしてみたら、どんな景色が見えますか?


次回からは第二章として、新しいテーマでお届けしたいと思います
お楽しみに

碧旻翔鶴 賢人達からの質問 第一章「生き方」⑦

賢人からの質問、生き方編も7回目となりました。
画家のパブロフ・ピカソをご存知ですか?今日は彼の言葉から

「芸術は悲しみと苦しみから生まれる」
これまた深みのある言葉ですね
悲しみや苦しみというと、一見、ネガティブな感情で
できれば味わいたくないと感じる人も多いでしょう
ただ、どうですか?
乗り越えてきた経験は、どのようにあなたを支えていますか?
そう問いかけられたら何が思い浮かびますか?
「あの悲しみを乗り越えたから今の自分がある」とか
「あの苦しみがあったから、今のこの状態がある」
などどいうエピソードやストーリーがあるかもしれませんね

悲しみや苦しみを味わうことは、悪いことではありません
その経験を超えたその先に何が生まれるだろう?と意識してみる
感情を味わう覚悟をしたら、その先に見えるものは何ですか?

しつもんしますね
「今の苦しみは何だろう?」
「今までどんな苦しみがありましたか?」
「悲しかったことからの学びは何ですか?」
「今の自分があるのは、どんな出来事があったからですか?」

あなたの経験は、どんな誰に貢献する物語となるだろう?

次回もお楽しみに