岩商Topics2017

2017年9月の記事一覧

小雨 避難訓練を行いました

 消防署から講師の先生をお招きし、火災が起きた想定で、全校避難訓練を行いました。
本日はあいにくの雨。本来ならば校庭に避難をしますが、体育館への避難となりご講評をいただきました。指示に従い、速やかに非難をしました。今回の訓練では、119番連絡を体験する演習も行いました。火事の現場で冷静に伝えられるのか?その不安を払拭するためにしっかりとした意識を持って訓練する。

  

おかしもちの約束
「押さない、駆けない、しゃべらない、戻らない、近付かない」
ご紹介いただいた言葉、覚えておきたいですね。

第1回学校説明会

外はいくらか涼しげな風が流れる本日、第1回学校説明会を行いました。
お忙しい中お越しいただきありがとうございました。
教務、進路、学科についてご説明をさせていただきました。
ご希望にあわせ授業体験ののち個別相談や施設見学をしていただきました。

授業体験では、日ごろ生徒たちが受けている授業の一部をご体験いただきましたが
商業・情報処理の授業は楽しんでいただけましたか?どんなご興味がわいたでしょうか?
    

   

   

     
    
   

ご不明な点がございましたら、遠慮なくお問い合わせ下さい
また、10月28日には文化祭がございます。中学生の皆様のお越しをお待ちしております。
ありがとうございました。

平成29年度2学期始業式

「42日間の夏休み、皆さんは、何をやって、何をやりきったでしょうか?」
校長先生の問いかけに、みなさんはどんな思いがめぐりましたか?
校長先生から伝えられたのは
「出会いと感謝、主体的に取り組む成果」そんなテーマでしたね

この夏のニュースとしては、多くの方が埼玉県民として注目せずにいられなかったであろう
甲子園の決勝戦。甲子園大会、第99回の優勝を埼玉県の初優勝が飾りました
背の低い野球選手だったという優勝校の監督さん
そんな彼に恩師の言った言葉が「誰が本塁を踏んでも1点」背の高さは関係がない
そこから努力を積み重ね、ついには甲子園優勝にチームを導く監督になられました
甲子園で勝つチームとなるために、どうあるべきか?
指示待ちの姿勢では勝つことが出来ない
主体的に動けるよう辛抱強く一人一人と向き合う
一人ひとりに輝きを放って欲しい
多くの人の力を借りて成し遂げたことを実感し、感謝の心を伝える
その瞬間、何を思ったでしょうか?想像を超えるものがあるのでしょうね
みなさんは、このエピソードに何を感じましたか?

  

保健主事の先生からも「災害と健康」をテーマにとても大切なお話をいただきました
始業式の今日、皆さんが揃って顔を見せてくれたことは、私達職員の何よりの喜びです
今日は震災の日。阪神の震災ではアパートの防災対策が低く、若い方の被害が大きかったことや
昔の方の知恵で「ガスを止め、米五合と梅干を家族それぞれが持って逃げ
家の壁に避難場所を大きく書いておいたことが役に立ったお話などをご紹介いただきました。
日々の暮らしの中で、今すぐに出来ることは何かを考えて防災を意識したいですね

百年の信用と実績は、先輩方の努力が積み上げたもの
伝統のある本校に在籍している皆さんの2学期
一人一人が輝きを放ち、充実した高校生活となりますよう応援しています