碧旻翔鶴 トリビア

2016年9月の記事一覧

碧旻翔鶴 折れない心を育もう⑪どうしたらできる?

どうしたらできる?

自分で使う言葉が、そのまま自分の気持ちをつくる
前回ご紹介した、3D(だって、どうせ、でも)にさよなら

にしても、なぜ、ついつい使ってしまう言葉なのか?
誰かに言われた言葉が心に刺さるのは、自分もそうだと考えているから
ということが多いそう。なるほど。言い訳につながってくる

遅刻してはいけない → そんなのわかっている → でもだって(できない言い訳を探す)
「わかっているし、今度こそやるもん」。そんな自分自身への約束が果たせない切なさ
どうしたら取り除けるかな?

自分を動かしてくれる言葉を探そう
なぜできないか?より、   どうしたらできるか?を探す

遅刻はいけない → 間に合ったらどんないいことがあるだろう? → 遅刻しないために何をする? 
 15分早く起きる。目覚ましは6時半!! → 気持ちよく起きるためにできることって? 
→ 続けるにはどうしたらいい? → 
11時までに寝よう → ・・・と思考を続ける

「誰に何をいわれたから」、そこから離れて「思考」する
自分で自分の行動を決めていいのだから、誰かのせいをやめる
目的を明確に持った先に見えるものは?
自分自身で選択をして歩く、そんな自分が見えますか?


簡単に実行できるある方法を耳にしました。
口に出して宣言すると叶う!
「明日は5時におきます」って声に出して宣言する。
なんと、翌朝5時に目が覚めた!!なんていう方が多いんですよ。
私も試しにやってみました「明日は4時に起きる。」 なんと、目が覚めたのです。

口に出して宣言する。
無意識に働きかけ、意識している状態にする。



自分を動かす自分の言葉  どのようにしたらできるだろう?